勝手口の増築の費用はいくら必要?

増改築は意外と費用がかかりますね。少しでも費用を安くする方法を紹介します。

どこで建てても費用は同じだと思っていたのですが、ある方法をやってみたら
驚くほど差がでました。

その方法を実体験と一緒に紹介しています。

勝手口の増築の費用はいくら必要?

勝手口があれば、庭にごみを捨てる時に便利ですし、網戸にしておけば風通しが良くなって、家が呼吸しやすくなります。
部分的にガラスがはめ込まれている扉の場合は、太陽の光が差し込むのでキッチンが明るくなるというメリットがあります。

 

 

 

勝手口が家にない場合は、後から増築することが可能です。
増築費用として、家の強度や勝手口のドア素材などによって費用が異なりますが、
おおよそ50万円ほどになるといえます。

 

 

ただ、家がかなり築年数がたっているため、勝手口を取付けるときに建築資材などを補強しなければならないことがあります。そんな時は、取り付け工事とは別に補強工事が必要になりますから、100万円近くかかることもあります。

 

 

さらに、ドアの素材そのものも費用が異なっており、網戸付きのものや防犯性が高いものは比較的、値段が高くなる傾向があります。実は空き巣などが入りやすい部分の1つとして、勝手口があげられていますから、増築する場合はしっかり防犯対策をとる必要があります。詳細な費用を知りたいときは、まずは工務店やリフォーム会社で見積もりを請求することが大事です。

 

自分の好む勝手口を選んで、とりつける場所に最適な部分をアドバイスしてもらうと良いでしょう。

 

 

 

増築の費用相場※失敗しないリフォーム・増改築トップページヘ

 

 

 

自宅近くの業者に増築依頼をしようと考えている方へ

やはりできるだけ自宅に近い業者を依頼したほうが相談もしやすく便利ですね。
しかし「自宅に近い」という理由だけで業者に依頼するのは危険です。
それは、高い費用を支払わさせる悪質業者の可能性もありますし、
融通のきかない業者の可能性もあります。

そんな時に役立つのが「比較」です。
同じ施工内容や予算の条件で実際に比べてみることが重要です。

増築という費用の相場や施工内容がとても分かりにくく、
大きなお金を支払う場合はなおさら比べることが大切になります。

損をしないためにも比べることは絶対に大切です。

また具体的な増改築の計画がなくてもカタログだけ
集めておきたいという方も増改築のイメージもより具体的になります。


↓↓こちらで紹介しているサイトが、比較・資料集めに便利なので参考にしてください。↓↓

増改築のカタログや資料を請求する