増築の坪単価の費用

我が家の増築体験談

実際に増築した時の様子と体験談をご覧ください。

少しは増築の参考になると思います。

⇒我が家の増築成功の体験談

増築の坪単価の計算方法と相場

増築をする時には必ず坪単価の計算も必要になります。坪単価(1坪 = 約 3.3 u )は一坪当たりどのくらいのお金が必要なのか?を知ることで、坪単価が分かれば増築をする時に用意しなくてはいけない金額が見えてきます。

 

一坪あたりの平均単価は50万から100万です。

 

坪単価の計算方法

一般的に坪単価は、増築本体の価格÷想定される延べ床面積、又は施工面積で求められます。増築にかかる費用は建築費は総額支払額の8割といわれています。残りの2割は事務手数料や諸経費になります。つまり坪単価を知ることでおおよその総額を知ることもできるのです。ただ坪単価も延べ床面積を使って計算するのか?施工面積を使って計算するのかによっても変わってきます。これは各施工業者によって計算方法が違うためです。

 

 

施工面積で坪単価を計算する場合、例えば玄関や車庫の場合は、延べ床面積に含まない部分も含めているので、その分坪単価も低くなります。一部屋だけの場合はその計算をする必要もありませんが、業者を選ぶときには坪単価をどのように計算しているのか聞いておく必要があります。増築の場合、本体価格が決まっていないので、希望する間取りやデザインを伝えて、細かい部分まで打ち合わせをして行うようになります。最終的な価格は工事が終了してみないと出せないのです。つまり本体価格が分からないということは坪単価も出せないことになるので注意しましょう。増築の場合の坪単価は一つの目安ととらえた方が賢明です。

 

 

増築の費用と見積もり失敗しない増築トップページヘ

 

 

 

増築の費用のことなら無料の資料請求

下記の項目に1つでも当てはまる方は資料請求をおすすめします。

1:いろんな増築している会社を知りたいけど、全部まわるのはちょっと大変・・・。

そんな時に便利なのが資料請求です。家にいながら自宅近辺の増築のプロの情報が無料で手に入るので気になる会社があれば、まずは資料請求をしてみよう!

2:増移築のプロの情報が知りたい!見積もとってみたい!

ネットでは決して流れないお得な情報ももちろんあります。もっと詳しい情報を集めたい時にぜひ活用しよう。

3:今すぐではないけど増築を考えているので詳しい情報だけでも知りたい。

今すぐ増築を考えて居る人だけでなくても、気軽に増築している会社のことを知ることができるのが資料請求です。1年後、2年後のために今からじっくり情報集目をして、どんなふうに家を買えたいのかイメージをふくらまそう。

4どんな増築があるのか、そしてその工法やアイデアなどいろんな例がもっとみたい!

1軒まるごと増築・リフォーム、エコリフォーム、耐震リフォーム等いろんな種類をもっとたくさん見たい方にもオススメなのが資料請求です。増築後の快適な生活がイメージしやすくなるでしょう。

5:家族にも相談シたいけど、日程が合わなくて一緒に相談にいけない。

家族にも相談したいけど、実際に一緒に増築の会社に行くのは難しいものです。そんな時は届いたパンフレットをもとに、みんなでかぞくのどの部分をどんなふうに変えたいのか話し合ってみよう。

タウンライフ家づくり

 

 

増改築の費用を無料でお・み・つ・も・り!簡単3分でネット一括依頼!

 

・増築・リフォームの計画書の作成(無料)
・全国300社の優良企業の一括見積もりが可能
・プロの専門科が増築・リフォームのアドバイス致します。

 

 タウンライフ家づくり