増築の坪単価の費用

増改築は意外と費用がかかりますね。少しでも費用を安くする方法を紹介します。

どこで建てても費用は同じだと思っていたのですが、ある方法をやってみたら
驚くほど差がでました。

その方法を実体験と一緒に紹介しています。

増築の坪単価の計算方法と相場

増築をする時には必ず坪単価の計算も必要になります。坪単価(1坪 = 約 3.3 u )は一坪当たりどのくらいのお金が必要なのか?を知ることで、坪単価が分かれば増築をする時に用意しなくてはいけない金額が見えてきます。

 

一坪あたりの平均単価は50万から100万です。

 

坪単価の計算方法

一般的に坪単価は、増築本体の価格÷想定される延べ床面積、又は施工面積で求められます。増築にかかる費用は建築費は総額支払額の8割といわれています。残りの2割は事務手数料や諸経費になります。つまり坪単価を知ることでおおよその総額を知ることもできるのです。ただ坪単価も延べ床面積を使って計算するのか?施工面積を使って計算するのかによっても変わってきます。これは各施工業者によって計算方法が違うためです。

 

 

施工面積で坪単価を計算する場合、例えば玄関や車庫の場合は、延べ床面積に含まない部分も含めているので、その分坪単価も低くなります。一部屋だけの場合はその計算をする必要もありませんが、業者を選ぶときには坪単価をどのように計算しているのか聞いておく必要があります。増築の場合、本体価格が決まっていないので、希望する間取りやデザインを伝えて、細かい部分まで打ち合わせをして行うようになります。最終的な価格は工事が終了してみないと出せないのです。つまり本体価格が分からないということは坪単価も出せないことになるので注意しましょう。増築の場合の坪単価は一つの目安ととらえた方が賢明です。

 

 

 

増築の費用相場※失敗しないリフォーム・増改築トップページヘ

 

 

 

増改築の資料請求はタウンライフがおすすめ

タウンライフの増築は

「増築したいけどどのように増築するのが最適なのかわからない」
「絶対に悪徳業者にひっかかりたくない」
「希望に合った増築会社を手間なく比較したい」

というような方に、条件に合った増築プランを
厳選した優良増築会社から一括で提案してもらえる
というサービスです。