増築の固定資産税の費用

増築の費用を個別に知る方法

たった3分”あること”をするだけで

増築の詳しい費用が分かります。ぼったくりににあうことなく
増築体験談 増築の総額費用から253万円も値引きしたコツと体験談はこちら

増築で固定資産税は増える?

増築をするとてこ資産は増えるのでしょうか?増える場合いくらくらい負担になるのか気になるところです。増築した場合床面積が増えれば固定資産税が上がります。そして金額は工事費の4割、に1.7%かけた金額程度になります。

つまり100万円の工事費がかかった場合、40万円×1.7%=6800円のアップになります。月で割ると566円アップする計算になります。増築で固定資産税を気にする方もいますが、実際はそこまで気にする必要ない程度の金額と考えた方がいいでしょう。

 

固定資産を再確認しよう

固定資産とは土地や建物の固定された資産のことです。そして固定資産に対して税金がかかります。固定資産税は、住んでいる市町村などの地方自治体に支払う税金のことで、土地や家屋を所有している人に納税の義務があります。つまり家を持っているだけで固定資産税を支払う義務があるのです。しかし賃貸でアパートやマンションに住んでいる場合は、固定資産の対象になりません。家主が固定資産税を支払うことになります。固定資産税の計算方法は固定資産税の評価額に標準税率の1.4%をかけた金額になります。

 

 

 

固定資産は基本的に約6畳分を超える増築をした場合(建物の面積を増やす、2階建ての上に3階部分を増やす、1階の部屋を広げる、ガレージの上に部屋を作るなど)は役所に届ける、登記をする必要があります。毎年1月1日の現況を元に計算されるので増築をした場合次の年から税金を支払う金額が増えることになります。増築をした場合、中には届けをしない人がいますが増築は役所の資産税課の職員が定期的に地域の見守りをしているので、無許可の違法建築を見つけると増築がバレてしまい課税しなくてはいけません。

 

 

 

増築の固定資産の例

増築の固定資産の例を上げてみたいと思います。

 

六畳一部屋増築すると、固定資産税は一般的にどのくらいあがるのでしょうか。

 

 

1階か2階か、木造か非木造か、風呂やキッチンなどの設備を含むのかにもよりますが、6畳の増築の場合、大きな差がうまれます。ただ、面積が小さいから単価が変わっても税額に大きな変化はつきにくいのです。木造1階の洋室で風呂・トイレ・キッチンなどがない部屋の場合、60,000円/uくらい評価額になります。この金額に税率1.4%をかけた金額がが大体のの税額となります。

 

 

増築の費用相場※失敗しないリフォーム・増改築トップページヘ

 

 

 

増築・リフォーム会社の費用のことなら無料の資料請求

下記の項目に1つでも当てはまる方は資料請求をおすすめします。

1:いろんな増築・リフォーム会社を知りたいけど、全部まわるのはちょっと大変・・・。

そんな時に便利なのが資料請求です。家にいながら自宅近辺の増築のプロの情報が無料で手に入るので気になる会社があれば、まずは資料請求をしてみよう!

2:増移築のプロの情報が知りたい!見積もとってみたい!

ネットでは決して流れないお得な情報ももちろんあります。もっと詳しい情報を集めたい時にぜひ活用しよう。

3:今すぐではないけど増築を考えているので詳しい情報だけでも知りたい。

今すぐ増築を考えて居る人だけでなくても、気軽に増築している会社のことを知ることができるのが資料請求です。1年後、2年後のために今からじっくり情報集目をして、どんなふうに家を買えたいのかイメージをふくらまそう。

4どんな増築があるのか、そしてその工法やアイデアなどいろんな例がもっとみたい!

1軒まるごと増築・リフォーム、エコリフォーム、耐震リフォーム等いろんな種類をもっとたくさん見たい方にもオススメなのが資料請求です。増築後の快適な生活がイメージしやすくなるでしょう。

5:家族にも相談シたいけど、日程が合わなくて一緒に相談にいけない。

家族にも相談したいけど、実際に一緒に増築の会社に行くのは難しいものです。そんな時は届いたパンフレットをもとに、みんなでかぞくのどの部分をどんなふうに変えたいのか話し合ってみよう。

タウンライフ家づくり

 

 

増築・リフォーム会社で費用を無料のお・み・つ・も・り!

簡単3分でネット一括依頼!

 

・増築・リフォームの計画書の作成(無料)
・全国300社の優良企業の一括見積もりが可能
・プロの専門科が増築・リフォームのアドバイス致します。

 

 タウンライフ家づくり


253万円も値引きできました!

交渉が苦手でもこれで安心です!
わずか3分の入力で見積もりと資料がもらえます!

⇒実際に申し込んだ体験談はこちら