増築の登記の費用

増築の費用を個別に知る方法

たった3分”あること”をするだけで

増築の詳しい費用が分かります。ぼったくりににあうことなく
増築体験談 増築の総額費用から253万円も値引きしたコツと体験談はこちら

増築する時に登記の費用はいくらくらい必要なのでしょうか?登記する時の費用は、建て物種類によって異なりますが大体3万円から8万円程度必要見ておくとよいでしょう。登記で重視されるのは増築することで床面積がどれだけ増えたのか?ということです。増えた分登記を変更しなくてはいけません。

 

住所や番地

増築すると敷地に建物が増えた分の住所を変更する必要があります。

 

床面積

床の面積が増えるので増えた分の変更をする必要があります。

 

 

必要な書類

増築の登記に必要な書類は、
建物の図面、資格証明書、各階平面図、
工事完了引き渡し証明書、印鑑証明書、委任状の6つです。

 

建物の図面

建物の図面は建物がどの敷地のどこにあるのかを示す図面のことで
土地家屋調査士の作成が必要です。

 

各階平面図

各階平面図は建物の各階の形状や床面積を示す図面のことで、、
こちらも土地家屋調査士の作成が必要になります。

 

工事完了引き渡し証明書

工事完了引き渡し証明書は、増築後の建物が申請した本人だということを
証明するものです。

 

資格証明書

資格証明書は工事や付属の建物を建てた会社の会社の抄本または、
代表者の事項証明書のことです。

 

印鑑証明書

印鑑証明書は増築工事の会社の印鑑証明のことです。

 

委任状

委任状は土地家屋調査士に渡すものです。

 

増築の登記は必要か不要か

増築の登記は床面積が増えるので登記をする必要があります。では逆に増えない場合は、増築といっても改築・リフォームした場合です。改築した場合床面積を増やすことなく行った場合は登記をする必要がありません。また増築をした場合登記の期間は、増築が完成してから1カ月以内に行う必要があります。

 

 

増築の費用相場※失敗しないリフォーム・増改築トップページヘ

 

 

 

増築・リフォーム会社の費用のことなら無料の資料請求

下記の項目に1つでも当てはまる方は資料請求をおすすめします。

1:いろんな増築・リフォーム会社を知りたいけど、全部まわるのはちょっと大変・・・。

そんな時に便利なのが資料請求です。家にいながら自宅近辺の増築のプロの情報が無料で手に入るので気になる会社があれば、まずは資料請求をしてみよう!

2:増移築のプロの情報が知りたい!見積もとってみたい!

ネットでは決して流れないお得な情報ももちろんあります。もっと詳しい情報を集めたい時にぜひ活用しよう。

3:今すぐではないけど増築を考えているので詳しい情報だけでも知りたい。

今すぐ増築を考えて居る人だけでなくても、気軽に増築している会社のことを知ることができるのが資料請求です。1年後、2年後のために今からじっくり情報集目をして、どんなふうに家を買えたいのかイメージをふくらまそう。

4どんな増築があるのか、そしてその工法やアイデアなどいろんな例がもっとみたい!

1軒まるごと増築・リフォーム、エコリフォーム、耐震リフォーム等いろんな種類をもっとたくさん見たい方にもオススメなのが資料請求です。増築後の快適な生活がイメージしやすくなるでしょう。

5:家族にも相談シたいけど、日程が合わなくて一緒に相談にいけない。

家族にも相談したいけど、実際に一緒に増築の会社に行くのは難しいものです。そんな時は届いたパンフレットをもとに、みんなでかぞくのどの部分をどんなふうに変えたいのか話し合ってみよう。

タウンライフ家づくり

 

 

増築・リフォーム会社で費用を無料のお・み・つ・も・り!

簡単3分でネット一括依頼!

 

・増築・リフォームの計画書の作成(無料)
・全国300社の優良企業の一括見積もりが可能
・プロの専門科が増築・リフォームのアドバイス致します。

 

 タウンライフ家づくり


253万円も値引きできました!

交渉が苦手でもこれで安心です!
わずか3分の入力で見積もりと資料がもらえます!

⇒実際に申し込んだ体験談はこちら