増築の登記の費用

増改築は意外と費用がかかりますね。少しでも費用を安くする方法を紹介します。

どこで建てても費用は同じだと思っていたのですが、ある方法をやってみたら
驚くほど差がでました。

その方法を実体験と一緒に紹介しています。

増築する時に登記の費用はいくらくらい必要なのでしょうか?登記する時の費用は、建て物種類によって異なりますが大体3万円から8万円程度必要見ておくとよいでしょう。登記で重視されるのは増築することで床面積がどれだけ増えたのか?ということです。増えた分登記を変更しなくてはいけません。

 

住所や番地

増築すると敷地に建物が増えた分の住所を変更する必要があります。

 

床面積

床の面積が増えるので増えた分の変更をする必要があります。

 

 

必要な書類

増築の登記に必要な書類は、
建物の図面、資格証明書、各階平面図、
工事完了引き渡し証明書、印鑑証明書、委任状の6つです。

 

建物の図面

建物の図面は建物がどの敷地のどこにあるのかを示す図面のことで
土地家屋調査士の作成が必要です。

 

各階平面図

各階平面図は建物の各階の形状や床面積を示す図面のことで、、
こちらも土地家屋調査士の作成が必要になります。

 

工事完了引き渡し証明書

工事完了引き渡し証明書は、増築後の建物が申請した本人だということを
証明するものです。

 

資格証明書

資格証明書は工事や付属の建物を建てた会社の会社の抄本または、
代表者の事項証明書のことです。

 

印鑑証明書

印鑑証明書は増築工事の会社の印鑑証明のことです。

 

委任状

委任状は土地家屋調査士に渡すものです。

 

増築の登記は必要か不要か

増築の登記は床面積が増えるので登記をする必要があります。では逆に増えない場合は、増築といっても改築・リフォームした場合です。改築した場合床面積を増やすことなく行った場合は登記をする必要がありません。また増築をした場合登記の期間は、増築が完成してから1カ月以内に行う必要があります。

 

 

増築の費用相場※失敗しないリフォーム・増改築トップページヘ

 

 

 

増改築の資料請求はタウンライフがおすすめ

タウンライフの増築は

「増築したいけどどのように増築するのが最適なのかわからない」
「絶対に悪徳業者にひっかかりたくない」
「希望に合った増築会社を手間なく比較したい」

というような方に、条件に合った増築プランを
厳選した優良増築会社から一括で提案してもらえる
というサービスです。