住宅耐震改修

増改築は意外と費用がかかりますね。少しでも費用を安くする方法を紹介します。

どこで建てても費用は同じだと思っていたのですが、ある方法をやってみたら
驚くほど差がでました。

その方法を実体験と一緒に紹介しています。

住宅耐震改修

住宅耐震改修34道府県補助拡充を住宅の耐震改修費用を国と自治体が補助する。現行制度について34道府県が拡充する必要があると回答しています。改修工事は100万から150万かかるケースが一番多く、個人負担の重さが障害となっているのです。現在では、市町村が補助制度を作って工事費用の23%を支給すれば、その半分を国が補てんする形をとっています。県の補助などで独自に上乗せしているケースも多い一方で、補助制度を設けていない市町村もあり耐震化の対応が遅れています。国費率の引き上げなど国の支援拡充が必要という意見も広告耐震改修を実施しない理由に費用負担を上げる人も多いのが現状です。古くて回収をよく住宅ほど高齢者など経済的に余裕のない住居者が多いという声もあります。独自の上乗せ程度で工事費用の三分の二が最大60万円まで補助している地域もありますが、耐震診断は進んでいるが、費用の問題で回収できないことが多いと訴えました。工場拡充の必要はないというのは大分だけですでに上限80万円の補助制度があります。

 

 

 

どの増築にも共通する基本的な知識を確認したい方、登記や補助金について知りたい方はトップページから詳細を確認してみてください。
また増築する時の業者の選び方や注意点についても紹介しています。

 

 

増築の費用相場※失敗しないリフォーム・増改築トップページヘ

 

 

 

 

 

 

 

 

増改築の資料請求はタウンライフがおすすめ

タウンライフの増築は

「増築したいけどどのように増築するのが最適なのかわからない」
「絶対に悪徳業者にひっかかりたくない」
「希望に合った増築会社を手間なく比較したい」

というような方に、条件に合った増築プランを
厳選した優良増築会社から一括で提案してもらえる
というサービスです。