バリアフリーの増築の費用

増改築は意外と費用がかかりますね。少しでも費用を安くする方法を紹介します。

どこで建てても費用は同じだと思っていたのですが、ある方法をやってみたら
驚くほど差がでました。

その方法を実体験と一緒に紹介しています。

バリアフリーの増築の費用

バリアフリーは日本の高齢化に伴い、定年後などで増築やリフォームを考える人が増えてきています。また、高齢者だけでなく小さな子どもや体が不自由な人、妊婦さんなど誰もが暮らしやすい、安全な住まいの空間を作るのが、バリアフリーの増築です。

 

バリアフリーの増築の費用:50万から200万

 

バリアフリーの増築の費用

バリアフリーの増築の費用は50万から200万です。廊下の幅を広くしたり、階段を緩やかにしてスローブを
つけたり、浴室の床に滑り止めをつけたりと増築やリフォームの幅は広いです。移動がしやすいシンプルな間取りに変えたり、寝室や水回りなどの生活の基盤となるところの改善とよいでしょう。ちなみに介護のための住宅改修費を支給する制度などもあるので、賢く増築やリフォームを考えましょう。

 

バリアフリーを増築のポイント

 

自宅に住む高齢者の抱える問題としては、家の中の段差、車いすや杖や歩行器などのスペースの確保トイレと寝室の移動距離、防寒・熱中症・転倒予防です。増築する場合バリアフリーと同時上記の問題対策も行うことです。中でも転倒予防は重要で、自宅での怪我の原因は転倒・転落です。すべりにくい素材を使った床や滑って転んでも痛くない素材を使用することです。例えばクッション性の高いフローリングなどは効果的です。

 


参照:高齢社会白書(2015年版)

 

 

事故発生場所(高齢社会白書(2015年版)

 

 

図の中で注目して欲しいのがトイレでの転倒です。通常若い人なら転ぶような場所でなくても高齢者は倒れることがあります。バリアフリーにする場合も、一度一緒に住んでいる高齢者本人に家の中で不便な場所はないのか?を聞くと同時に家の中で高齢者がに起こりやすい怪我や場所などを考えることです。健康な若い人が意識するところは高齢者への理解です。高齢者は運動能力や反射神経以外にも身体そのものが弱っているので負荷な運動や移動を極力させないことです。本人自身が注意すると同時に周囲の人間も十分な配慮が必要です。

 

 

 

増築の費用相場※失敗しないリフォーム・増改築トップページヘ

 

 

 

 

 

増改築の資料請求はタウンライフがおすすめ

タウンライフの増築は

「増築したいけどどのように増築するのが最適なのかわからない」
「絶対に悪徳業者にひっかかりたくない」
「希望に合った増築会社を手間なく比較したい」

というような方に、条件に合った増築プランを
厳選した優良増築会社から一括で提案してもらえる
というサービスです。