バリアフリーの増築の費用

増築の費用を個別に知る方法

たった3分”あること”をするだけで

増築の詳しい費用が分かります。ぼったくりににあうことなく
増築体験談 増築の総額費用から253万円も値引きしたコツと体験談はこちら

バリアフリーの増築の費用

バリアフリーは日本の高齢化に伴い、定年後などで増築やリフォームを考える人が増えてきています。また、高齢者だけでなく小さな子どもや体が不自由な人、妊婦さんなど誰もが暮らしやすい、安全な住まいの空間を作るのが、バリアフリーの増築です。

 

バリアフリーの増築の費用:50万から200万

 

バリアフリーの増築の費用

バリアフリーの増築の費用は50万から200万です。廊下の幅を広くしたり、階段を緩やかにしてスローブを
つけたり、浴室の床に滑り止めをつけたりと増築やリフォームの幅は広いです。移動がしやすいシンプルな間取りに変えたり、寝室や水回りなどの生活の基盤となるところの改善とよいでしょう。ちなみに介護のための住宅改修費を支給する制度などもあるので、賢く増築やリフォームを考えましょう。

 

バリアフリーを増築のポイント

 

自宅に住む高齢者の抱える問題としては、家の中の段差、車いすや杖や歩行器などのスペースの確保トイレと寝室の移動距離、防寒・熱中症・転倒予防です。増築する場合バリアフリーと同時上記の問題対策も行うことです。中でも転倒予防は重要で、自宅での怪我の原因は転倒・転落です。すべりにくい素材を使った床や滑って転んでも痛くない素材を使用することです。例えばクッション性の高いフローリングなどは効果的です。

 


参照:高齢社会白書(2015年版)

 

 

事故発生場所(高齢社会白書(2015年版)

 

 

図の中で注目して欲しいのがトイレでの転倒です。通常若い人なら転ぶような場所でなくても高齢者は倒れることがあります。バリアフリーにする場合も、一度一緒に住んでいる高齢者本人に家の中で不便な場所はないのか?を聞くと同時に家の中で高齢者がに起こりやすい怪我や場所などを考えることです。健康な若い人が意識するところは高齢者への理解です。高齢者は運動能力や反射神経以外にも身体そのものが弱っているので負荷な運動や移動を極力させないことです。本人自身が注意すると同時に周囲の人間も十分な配慮が必要です。

 

 

 

増築の費用相場※失敗しないリフォーム・増改築トップページヘ

 

 

 

 

 

増築・リフォーム会社の費用のことなら無料の資料請求

下記の項目に1つでも当てはまる方は資料請求をおすすめします。

1:いろんな増築・リフォーム会社を知りたいけど、全部まわるのはちょっと大変・・・。

そんな時に便利なのが資料請求です。家にいながら自宅近辺の増築のプロの情報が無料で手に入るので気になる会社があれば、まずは資料請求をしてみよう!

2:増移築のプロの情報が知りたい!見積もとってみたい!

ネットでは決して流れないお得な情報ももちろんあります。もっと詳しい情報を集めたい時にぜひ活用しよう。

3:今すぐではないけど増築を考えているので詳しい情報だけでも知りたい。

今すぐ増築を考えて居る人だけでなくても、気軽に増築している会社のことを知ることができるのが資料請求です。1年後、2年後のために今からじっくり情報集目をして、どんなふうに家を買えたいのかイメージをふくらまそう。

4どんな増築があるのか、そしてその工法やアイデアなどいろんな例がもっとみたい!

1軒まるごと増築・リフォーム、エコリフォーム、耐震リフォーム等いろんな種類をもっとたくさん見たい方にもオススメなのが資料請求です。増築後の快適な生活がイメージしやすくなるでしょう。

5:家族にも相談シたいけど、日程が合わなくて一緒に相談にいけない。

家族にも相談したいけど、実際に一緒に増築の会社に行くのは難しいものです。そんな時は届いたパンフレットをもとに、みんなでかぞくのどの部分をどんなふうに変えたいのか話し合ってみよう。

タウンライフ家づくり

 

 

増築・リフォーム会社で費用を無料のお・み・つ・も・り!

簡単3分でネット一括依頼!

 

・増築・リフォームの計画書の作成(無料)
・全国300社の優良企業の一括見積もりが可能
・プロの専門科が増築・リフォームのアドバイス致します。

 

 タウンライフ家づくり


253万円も値引きできました!

交渉が苦手でもこれで安心です!
わずか3分の入力で見積もりと資料がもらえます!

⇒実際に申し込んだ体験談はこちら