中古住宅の増築の費用

増改築は意外と費用がかかりますね。少しでも費用を安くする方法を紹介します。

どこで建てても費用は同じだと思っていたのですが、ある方法をやってみたら
驚くほど差がでました。

その方法を実体験と一緒に紹介しています。

中古住宅の増築の費用

中古住宅を増築するには既存の家の建物や骨組みを生かしながら極力手を加えない方がいいでしょう。

 

中古住宅の増築の費用:300万から1000万

 

中古住宅の増築の費用

中古住宅の増築の費用は300万から1000万円必要です。中古住宅を購入して自分のこだわりや好みをいれることができるので値段の幅も広くなります。安く中古住宅を購入して増築をする人も少なくありません。
立地や周辺環境にこだわりたいけれど土地代と新築となると費用がかかりすぎる、そんなときには中古物件を購入し、
増築やリフォームを加えることで新築を購入するよりも低コストで済む場合があります。ただし、骨組や柱などの傷み具合が酷い場合、リフォームといえどもたくさんの費用がかかる可能性があります。ここで中古住宅の増築リフォームの手順について解説します。

 

 

中古住宅を増築リフォームするにはまずどの部分を増築・リフォームしたいのか?考えることです。改装するにはやはりそれなりの理由があるはずです。これまでの生活をより便利にする為に行います。一番多い理由としては、老朽化です。家は40年もすれば老朽化して近年多い地震にも弱く倒壊しやすくなります。東日本大震災が数年前に起こりましたが次は南海地震も今後50年の間に起こるとも言われています。老朽と耐震はセットとして考えなければいけません。

 

 

またキッチンやお風呂・トイレなどの生活ラインの動線の変更です。キッチンへ移動するための距離が長かったり、トイレやお風呂への移動距離なども増築・リフォームをすることで改善されます。一度生活で不便なところを用紙に書き出してみるのもよいでしょう。改めて問題が出てくるケースもあります。問題が分かったところで次に業者を選びます。

 

 

 

 

 

増築の費用相場※失敗しないリフォーム・増改築トップページヘ

 

 

 

 

 

増築の会社を探す手間を削減しよう

タウンライフなら増築会社を無料で全国300社から選べます。

簡単3分でお申し込み

;