リビングの増築リフォームの成功&失敗談

リビングの増築リフォームの成功&失敗談

リビングは家族がゆったりと過ごせるコミュニケーションがとれるスペースです。リビングで良好な家族関係を築きましょう。
迷っているならまず相談から

我が家のリビングは3方向から入れるようになっていて、電気スイッチは1方向にしかついておらず、いつも真っ暗の中手探りでスイッチを探していました。電気スイッチをつけることが難しいことだと思ってリフォームを迷っていたのですが、思い切ってリフォーム会社に相談したところ、意外と安い値段で済みましたし、工事もとても早かったです。こんなことならもっと早くに相談しておけばよかったです。

思わず号泣した感動のリフォーム

母親がなくなったあと、実家で父親と同居することになり、二世帯化の増築リフォームをしました。かつて母親が仕事で使っていた書斎の洋室をリビングとつなげてゆったりした空間に変わりました。そして完成後、職人の方から「良い素材だったから、捨てるのがもったいなくて作ってみました・・・」と小さめの棚を頂きました。見覚えがある材質だな〜と思っていたら、それはかつて母親の書斎の床材を利用して作られたものでした。父親は思わず涙ぐみ、最後には号泣。現在はリビングで活躍してくれています。

満足度アップのコツはまず最優先箇所を絞ること

リフォーム前提で中古の2階建てを購入しました。いざリフォームを考えていると、あちこちやりたいところが出てきて予算オーバーに。やはり予算は予算なので、家族全員で過ごす場所に絞り、リビングとダイニングに資金と労力を注ぎました。その結果、広々としたLDKに大改造。今は家族全員でその部屋で思い思いに過ごせるお気に入りの場所になりました。

資金カットで後々後悔?

だいぶ傷んだリビングの床板を張り替えることになり、どうせなら部屋に合わせて家具も新しくしようという話に。なので当初の予算オーバーのことも考えて、床の材質のグレードをかなり下げました。予算内でリフォームが終わって満足していましたが、きちんとみてみると床が貧相なせいで部屋全体がなんだか安っぽくなってしまいました。ある程度は節約が必要ですが、床は部屋全体に大きく影響するものなので失敗したと思いました。最近大きめのラグを購入したので、結果的には赤字になりました。

その仕事ぶりに感動したリフォーム談

地元の小さな会社に依頼しました。クロスの張り替えと、天井の照明をLEDにしてもらいました。工事中、「リモコンはここにしましょうか、取り出しやすい少し上にします。」と私たちの使い勝手を考えてぱぱっと取り付けてくれたりしました。さらに、「どこか他に照明で気になるところはないですか?」と聞かれたので丁度トイレの照明が切れかかっていたのを伝えると、これも手際よく無料で交換してくれました。作業が終わるとさっと片付けて、スマートに名刺を置いていく姿に感動しました。小さい会社ですが、規模と仕事の善し悪しは比例しないと強く実感できました。

 

窓ガラス選びはじっくりと

リビングの増築リフォームをしたときに、憧れの出窓を作りました。小物などを飾っておしゃれな雰囲気になり、部屋も広く感じるようになったのですが、冬場の結露が酷過ぎて、せっかくの小物がびしょぬれに・・・出窓は空気が溜まりやすいといえど、もう少し断熱性の高い窓ガラスにしておけばよかったと後悔しています。

 

 

 

 

 

 

どの増築にも共通する基本的な知識を確認したい方、登記や補助金について知りたい方はトップページから詳細を確認してみてください。
また増築する時の業者の選び方や注意点についても紹介しています。

 

 

増築の費用相場※失敗しないリフォーム・増改築トップページヘ

 

 

 

 

全国300社以上の会社から増改築のカタログ請求ができます

関連ページ

外壁・屋根の増築リフォームの成功・失敗談
外壁・屋根の増築リフォームの成功・失敗談
水回りの増築リフォームの成功&失敗談
水回りの増築リフォームの成功&失敗談
玄関の増築リフォームの成功&失敗談
玄関の増築リフォームの成功&失敗談
増築リフォームその他
増築リフォームその他
キッチンの増築リフォームの成功&失敗談
キッチンの増築リフォームの成功&失敗談