玄関の増築リフォームの成功&失敗談

増改築は意外と費用がかかりますね。少しでも費用を安くする方法を紹介します。

どこで建てても費用は同じだと思っていたのですが、ある方法をやってみたら
驚くほど差がでました。

その方法を実体験と一緒に紹介しています。

玄関の増築リフォームの成功&失敗談

玄関は家にお客さんが来た時に一番最初に目にする場所です。玄関を見ればその家の中が分かると言われています。風水的には玄関はとても運気をあげるキーポイントです。玄関はきれいに片づけがしやすように考えましょう。
泥棒を寄せ付けない玄関

このご時世なにかと物騒だと思い、玄関に防犯対策をしようとリフォームを決めました。カメラ付きインターホンを導入し、ドアは二重ロック、かつピッキング防止の強い鍵にしました。実際に泥棒を撃退したというわけではありませんが、設置するだけでも防犯になると思います。それに被害に合ってからでは遅いですからね。

玄関だけのプチリフォーム

我が家に帰ってくるたび、その古めかしい玄関に残念な気持ちになっていました。なんとかしたいけどリフォームとなるといろいろ大変なんじゃ・・・
と思って中々行動できず、とりあえずインターネットで検索してみました。すると最近ではリフォーム用玄関というものがあり、工事はなんと1日だけ、しかも思ったより低予算!これはもう早速やるしかないと思ってお願いしました。ドアだけ新しくなるというのもなんだか恥ずかしいので、家のカラーリングにあうものを選んで工事完了。玄関ひとつ変えるだけで、だいぶ家の印象が引き締まったと思います。

 

では玄関で第一印象が決まるのですが、どんな玄関にすればいいのかといいますと「玄関ポーチの階段」「ひさし」「ドア」の3つに統一感を持たせること。色や素材を統一させることで自然にまとまったイメージを与えることができます。

高低差で変化を演出

玄関のアプローチを段差にすることで、道路からあなたの自宅へ来たという変化の意識づけができます。例えば高級ホテルで食事をする時に、ホテルの玄関を通ってきれいな風景やデザイン・景色を眺めながらレストランへ向かいますね。そしてレストランに入って座って料理を注文する。

 

ここまでのプロセスがあるから「高級ホテルでおいしい料理を食べた」と好印象として残るわけです。ポーチにはデザインの機能が求められます。デザインだけではなく開くドアを避けるスペースや雨避けなどのことも考えなくてはいけません。開くドアを避けるスペースや雨避けの角度、屋根やガレージとの接続部分、滑りにくいタイルを使用するなど玄関を増築・リフォームする上で注意することがたくさんあります。ポーチのひさしは基本的には独立して作ります。ひさしはファサードのシルエットを意識して選ぶことです。ポーチに必要な広さは3.3平方メートル程度は必要です。広くできなければ、日知開きのドアは引き戸にすることです。

 

 

玄関のドア

玄関のドアは玄関全体とドアの見た目のバランスを考えます。和風の家なら引き戸、洋風の住宅なら金属製のドアのように家全体のイメージとも照らし合わることです。素材は金属製や木製があり、主に「シングルタイプ」「親子タイプ」「量扉タイプ」「引き戸」の4種類があります。金属ドアはアルミ形材、コート鋼板、ステンレスがあります。

 

 

 

 

どの増築にも共通する基本的な知識を確認したい方、登記や補助金について知りたい方はトップページから詳細を確認してみてください。
また増築する時の業者の選び方や注意点についても紹介しています。

 

 

増築の費用相場※失敗しないリフォーム・増改築トップページヘ

 

 

増築の会社を探す手間を削減しよう

タウンライフなら増築会社を無料で全国300社から選べます。

簡単3分でお申し込み

;

関連ページ

外壁・屋根の増築リフォームの成功・失敗談
外壁・屋根の増築リフォームの成功・失敗談
水回りの増築リフォームの成功&失敗談
水回りの増築リフォームの成功&失敗談
リビングの増築リフォームの成功&失敗談
リビングの増築リフォームの成功&失敗談
増築リフォームその他
増築リフォームその他
キッチンの増築リフォームの成功&失敗談
キッチンの増築リフォームの成功&失敗談