増築の登記の費用

増築で失敗しない秘策

「今すぐ試してみてください。」増築で失敗しない秘策 これが増築の費用を253万円を安く抑えた方法です。  増築で失敗しなかった方法

増築の登記の費用

増築する時に登記の費用はいくらくらい必要なのでしょうか?登記する時の費用は、建て物種類によって異なりますが大体3万円から8万円程度必要見ておくとよいでしょう。

 

登記で重視されるのは増築することで床面積がどれだけ増えたのか?ということです。増えた分登記を変更しなくてはいけません。

 

増築すると何が変わる?

 

住所や番地

増築すると敷地に建物が増えた分の住所を変更する必要があります。

 

床面積

 

床の面積が増えるので増えた分の変更をする必要があります。

 

 

必要な書類

 

増築の登記に必要な書類は、
建物の図面、資格証明書、各階平面図、
工事完了引き渡し証明書、印鑑証明書、委任状の6つです。

 

建物の図面

建物の図面は建物がどの敷地のどこにあるのかを示す図面のことで
土地家屋調査士の作成が必要です。

 

各階平面図

各階平面図は建物の各階の形状や床面積を示す図面のことで、、
こちらも土地家屋調査士の作成が必要になります。

 

工事完了引き渡し証明書

工事完了引き渡し証明書は、増築後の建物が申請した本人だということを
証明するものです。

 

資格証明書

資格証明書は工事や付属の建物を建てた会社の会社の抄本または、
代表者の事項証明書のことです。

 

印鑑証明書

印鑑証明書は増築工事の会社の印鑑証明のことです。

 

委任状

委任状は土地家屋調査士に渡すものです。

 

増築の登記は必要か不要か

 

増築の登記は床面積が増えるので登記をする必要があります。では逆に増えない場合は、増築といっても改築・リフォームした場合です。改築した場合床面積を増やすことなく行った場合は登記をする必要がありません。また増築をした場合登記の期間は、増築が完成してから1カ月以内に行う必要があります。

 

 

次の記事では固定資産税について説明をしています。増築をすると敷地が増えるので固定資産が増えます。
それでは一体どのくらいの固定資産が増えるのか説明していますので参考にしてください。
増築で固定資産税は増える?

 

 

 

増築の費用と見積もり失敗しない増築トップページヘ

 

 

 

 

 

 

ほんのひと手間で費用が数百万円変わる可能性があります

一括見積もりサイトに複数登録しておくと、
さらに業者の間で価格競争が起こるので
低コスト・高品質に結びつく可能性がグーンと高まります。

費用が数百万円変わった例もあります。


タウンライフ家づくり

 

 

無料!簡単3分でネット一括依頼!

 

・自分オリジナルの家づくり計画書の作成(無料)
・東証一部企業の一括見積もりも可能

 

 タウンライフ家づくり



住宅本舗

 

 

無料!住宅ローンの見直し一括依頼!

 

・住宅ローン返済中の方
増築を考えたときがローンの見直し時期
・乗り換えで650万円の節約事例も

 

 住宅本舗