増築の見積もりを取る前に

増改築は意外と費用がかかりますね。少しでも費用を安くする方法を紹介します。

どこで建てても費用は同じだと思っていたのですが、ある方法をやってみたら
驚くほど差がでました。

その方法を実体験と一緒に紹介しています。

増築の見積もりを取る前に

増築の見積もりを取る前に「知ること」が大事。

 

増築の見積もりを取る前に、増築について「知ること」が大事です。突然見積もりを見ても専門用語や言葉の意味、見積もりの金額の見方についてよく分からないということになりかねませんね。また、どんな要望にするのか?どんな内容で見積もりをとるのか事前にまとめておくと相手にも伝わりやすいし自分の把握にも役立ちます。

 

 

一戸建てに増築をする時に、増築会社に「丸投げ」では満足のできる結果にはなりません。少なくともお金を払って増築をするのですから、損をしないように、自分もしっかり知識をつけて準備をしておくことです。知識が何もない状態では、増築の会社との意見交換や要望や答えに時間がかかったり、工事自体もテキトーにされたり、過剰な費用を払わされるなどトラブルの原因にもなります。増築自体は大変な印象をうけますが、自分の家の完成をイメージすれば楽しく勧められるはずです。

増築の情報収集はネットや雑誌で行うこと

 


増築の知識はどこから集めればいいのか?悩みますね。まずは書店の増築・リフォームの住宅雑誌に掲載されている写真付きの実例を見ながら「どんなふうに増築をしたいのか」を考えることです。気に入った間取りやデザイン、インテリア、設備などが見つかれば残しておきましょう。雑誌に掲載している増築の会社や設備、メーカーのカタログを取り寄せ情報を集めましょう。また実際のハウスメーカーやショールムにいって実物の大きさや形、色を確認するとイメージも膨らみやすくなります。その他には、増築やリフォームの相談会に参加して、最近の流行や人気などを把握するのも良いでしょう。大体のイメージがついたところでネットで見積をりましょう。

 

増築で「無理なこと」を知る

 

増築は法律の関係上自分の思い通りにできないこともあります。見積もりを依頼する前にチェックしておきましょう。いくつか制限されているものを紹介します。

場所 内容

建物を支えている壁に新しく設置不可

間取りの変更

木質系、コンクリートのプレハブ、2×4工法は壁で建物を支えているので制約あり。

増築

住宅の建築面積は敷地ごとに決められた建ぺい率によって制限あり。100m2の敷地で建ぺい率が60%なら増築後は60m2が限度です。斜面に建物がある場合は擁壁などから一定の距離が必要なので増築できない場合もあります。

吹き抜け

重量鉄骨は梁を動かせないので困難。

 

 

 

 

どの増築にも共通する基本的な知識を確認したい方、登記や補助金について知りたい方はトップページから詳細を確認してみてください。
また増築する時の業者の選び方や注意点についても紹介しています。

 

 

 

 

増築の費用相場※失敗しないリフォーム・増改築トップページヘ

 

 

増改築の資料請求はタウンライフがおすすめ

タウンライフの増築は

「増築したいけどどのように増築するのが最適なのかわからない」
「絶対に悪徳業者にひっかかりたくない」
「希望に合った増築会社を手間なく比較したい」

というような方に、条件に合った増築プランを
厳選した優良増築会社から一括で提案してもらえる
というサービスです。