増築の費用相場※失敗しない増改築

我が家の増築体験談

実際に増築した時の様子と体験談をご覧ください。

少しは増築の参考になると思います。

⇒我が家の増築成功の体験談

増築の費用相場※失敗しない増改築

増築の費用は、いくら必要なのか、手持ちの金額で支払えるのか、足りない場合はどうすればいいのか悩んでしまいます。実際に必要な値段が分からないと計画も立てようがありません。相場を知っておくことで失敗しない増築が可能になりますし、増築の見積もりを出されても適正価格なのかどうか、もっと格安で建てられる方法があるのではないか?と疑うこともなくなります。

 

サイトの目次

 

増築の費用と場所

 

 

増築の費用の基礎知識

 

増築業者の選び方

 

 

増築体験談

 

増築の場所別知っておきたいポイント

 

 

 

2坪・4坪・6坪・8坪・10坪・12坪の増築の費用

 

増築をする場合1坪・2坪・4坪・6坪・8坪・10坪・12坪と坪数によって費用は異なります。増築する場所にもよりますが、考え方としては一坪当たり50万〜70万円は用意する必要があります。

 

増築の坪数と坪単価

一坪は3.30579平方メートルです。
各坪数を参考にしてください。

 

坪数 平方メートル 畳の枚数に換算
2坪 6.61157u 4畳
4坪 13.2231u 16畳
6坪 19.8347u 36畳
8坪 26.4463u 64畳
10坪 33.0579u 100畳
12坪 39.6694u 144畳

 

増築の坪数別費用

坪数 最低限の費用
2坪 50万から
4坪 200万から
6坪 300万から
8坪 400万から
10坪 500万から
12坪 600万から

費用はあくまでも目安なので間取りや建物の状態によって増減する場合があります。

 

 

増築を坪数で考える時のポイントと注意点

増築では同じ坪数でも広げる場所によって価格が違います。中でも電気工事屋、水道工事を行なう場合、高くなります。また個別に業者に依頼をすると割高になるケースが多いので予算をある程度とっておくことが大事です。

 

増築の坪増築の坪数の費用を抑えるポイントは3つあります。まず一つ目は業者を一つに絞ることです。増築をする場合、外装、大工、電気配線、水回りと依頼する業者が多くなります。取引業者が多い分、各業者の工事費も割高になります。逆に一つの業者に絞って増築を依頼すると総額費用から値引きや割引サービスをしてくれるのでその分支払う費用も安くなります。

 

 

2畳・4畳・6畳・8畳・10畳・12畳の増築の費用

 

2畳・4畳・6畳・8畳・10畳・12畳の増築の費用はいくら必要なのでしょうか?
まずは畳の枚数を実際の坪数に変換してみましょう。一坪は3.30579平方メートルです。

 

広さ 坪数に換算すると 費用の目安
2畳 1坪 50万
4畳 2坪 100万
6畳 3坪 150万
8畳 4坪 200万
10畳 5坪 250万
12畳 6坪 300万

 

増築する場所にもよりますが一般的な目安です。

増築を畳数で考える時のポイントと注意点

増築では同じ畳数でも広げる場所によって価格が違います。リビングや和室、子供部屋のように部屋を少し広げるだけの場合なら価格も安くなります。その中でも電気工事屋、水道工事を行なう場合は高くなります。また個別に業者に依頼をすると割高になるケースが多いので予算をある程度とっておくことが大事です。

 

増築の坪増築の坪数の費用を抑えるポイントは3つあります。まず一つ目は業者を一つに絞ることです。増築をする場合、外装、大工、電気配線、水回りと依頼する業者が多くなります。取引業者が多い分、各業者の工事費も割高になります。逆に一つの業者に絞って増築を依頼すると総額費用から値引きや割引サービスをしてくれるのでその分支払う費用も安くなります。

 

 

安全性の高い高品質な増築

増築はリフォームに比べて価格が高くなることが多いです。そしてできるだけ安く、よい仕上がりにしたいものです。増築は既存の家に手を加えることになるので安全性や品質を高く保つ必要があります。そこで安全で高品質な増築を行うための方法について説明しますので参考にしてください。
 

 

複数の増築・リフォーム会社から相見積もりをとる

相見積もりをとることは重要で、各会社が金額やサービスを競い、最適な見積もりを提示してくれるようになります。業者には事前に相見積もりをとっている旨をしっかりと伝えて最適な業者にお願いをしましょう。中には相見積もりを嫌う業者もいますが、増築自体大きなお金が動きますので相見積もりに応じてくれる業者の中から見つけるとよいでしょう。

一括で増築を行なってくれる業者を選ぶこと

増築をする場合、外壁や電気、内装、大工など各専門分野の職人さんの力が必要になります。個別に依頼をしていると費用が高くなり、依頼する時間や手間も取られます。増築工事を一括で行ってくれる業者さんを選ぶと金額も削減することができます。

増改築業者に事情を詳しく説明・相談

増築の場合見積もり金額を値引きすることはおすすめしていません。しかし費用を抑えることは可能です。見積もりの時点で費用が合わない場合は予算の都合がつかないことを伝えて、デザインの見直しや材料のグレードを見直すことで価格も違ってきます。増改築・リフォーム会社と相談をしながら、お金をかける場所とかけたくない場所を決めて費用を削減するとよいでしょう。

 

最適な業者を選ぶこと

増築は依頼する業者によって費用も変わってきます。少し例をあげるとハウスメーカーと地元の増改築・リフォーム業者の費用を比べると費用の差は倍近くなることもあります。ハウスメーカーは特別な施工方法になると下請け
業者が行うケースもあり中間コストが発生することもあります。

 

 

費用を抑えるのであれば地元の実績のある優良企業にお願いしたほうがいいでしょう。もしどこがいいのか分からない方は、下記に無料の資料請求ができるサイトを紹介しているので参考にしてください。

増築の費用のことなら無料の資料請求

下記の項目に1つでも当てはまる方は資料請求をおすすめします。

1:いろんな増築している会社を知りたいけど、全部まわるのはちょっと大変・・・。

そんな時に便利なのが資料請求です。家にいながら自宅近辺の増築のプロの情報が無料で手に入るので気になる会社があれば、まずは資料請求をしてみよう!

2:増移築のプロの情報が知りたい!見積もとってみたい!

ネットでは決して流れないお得な情報ももちろんあります。もっと詳しい情報を集めたい時にぜひ活用しよう。

3:今すぐではないけど増築を考えているので詳しい情報だけでも知りたい。

今すぐ増築を考えて居る人だけでなくても、気軽に増築している会社のことを知ることができるのが資料請求です。1年後、2年後のために今からじっくり情報集目をして、どんなふうに家を買えたいのかイメージをふくらまそう。

4どんな増築があるのか、そしてその工法やアイデアなどいろんな例がもっとみたい!

1軒まるごと増築・リフォーム、エコリフォーム、耐震リフォーム等いろんな種類をもっとたくさん見たい方にもオススメなのが資料請求です。増築後の快適な生活がイメージしやすくなるでしょう。

5:家族にも相談シたいけど、日程が合わなくて一緒に相談にいけない。

家族にも相談したいけど、実際に一緒に増築の会社に行くのは難しいものです。そんな時は届いたパンフレットをもとに、みんなでかぞくのどの部分をどんなふうに変えたいのか話し合ってみよう。

タウンライフ家づくり

 

 

増改築の費用を無料でお・み・つ・も・り!簡単3分でネット一括依頼!

 

・増築・リフォームの計画書の作成(無料)
・全国300社の優良企業の一括見積もりが可能
・プロの専門科が増築・リフォームのアドバイス致します。

 

 タウンライフ家づくり